IMG_1466csw10月27日の「おおたか交流会 結婚式場で音楽鑑賞」が開催間近となりました。
あと少し、定員に空きがありますが、デザートを用意する関係で人数を確定したいので、参加希望の方はお急ぎ下さい。

当日の音楽鑑賞の目玉の一つは、何といっても、ショパンが愛したというピアノの名器「PLEYEL」の音色をお楽しみいただけることです。
鍵盤には象牙が使用され、フランスから国内への搬送では、輸入の許可が降りて到着するまで半年以上も掛かったそうです。
今回は、ピアノをメインにするため、少女時代に国際音楽祭の日本代表などにも選ばれた経験があり、国立音楽大学を卒業された後、CMやゲーム、あるいは長崎ハウステンボスなどの音楽の作曲や演奏をはじめ、作編曲家・ピアニスト・シンガーソングライターとしても活動をされている古川琴子さんによるコンサートを開催します。
クラシックの名曲とジャズのスタンダードのそれぞれ1曲ずつで、ピアノの音色をお聴きいただいた後は、シンガーソングライターとしてのオリジナル曲はもとより、皆さんも知っているヒット曲のカバーも披露します。
そして急きょ決定したのですが、途中でアコースティックギターとのセッションタイムをおこなうことになりました。
折角の機会ですので、ギターも、1976年の米国建国200年を記念したマーチン社のD-76の音色もお楽しみ頂くことにしました。このギターは1976本の限定生産で、国内では、南こうせつさんや堀内孝雄さん、さだまさしさんといった著名アーチストが所有されています。
ピアノとギターによるデュエットで、1960~90年代の懐かしの名曲も数曲演奏しますので、ぜひご一緒にお口ずさみください。
第3回おおたか交流会として「結婚式場で音楽鑑賞」
日時 10月27日(金)15:20集合 15:30-18:00頃
会場 BARN&FOREST148 (流山おおたかの森より徒歩7分 旧ふくろうの森)
参加費 1600円
先着で受け付けますので、お早めにお申し込み下さい。
申込み方法は前々回記事のチラシをご参照いただき、「代表者の氏名・住所・連絡先と参加希望者全員の氏名」を明記し、E-mail、FAX、あるいは、期日が迫っておりますので、電話でお申し込み下さい。